片頭痛の治療と予防

片頭痛が起きたときの対処

 

監修:埼玉精神神経センター /
埼玉国際頭痛センター長 坂井 文彦 先生

片頭痛が起きたときは、動くとつらくなるので、とにかく安静にしていましょう。必要に応じて、トリプタン系薬剤などの急性期治療薬を服用します。

片頭痛が起きたときの対処

片頭痛が起きたときは、光や音などの刺激を避けて、暗い静かな場所でなるべく横になって休むとよいでしょう。少しでも眠ると楽になります。
痛む部分に冷却シートや冷たいタオルなどを当てて冷やすと、血管が収縮されて、いくぶん痛みが和らぎます。コーヒーや緑茶などのカフェインにも血管収縮効果があり、飲むと頭痛が楽になることがあります。ただし飲み過ぎると逆に頭痛を起こすこともあるので、適量にしましょう。
トリプタン系薬剤は、適切なタイミングで服用するよう心がけましょう。