片頭痛って?

片頭痛が起こるしくみ

 

監修:埼玉精神神経センター /
埼玉国際頭痛センター長 坂井 文彦 先生

片頭痛はどうやって起こる?

ズキンズキンと脈打つような痛みが起こる片頭痛は、頭の中で血管が拡がり、拍動に合わせて周囲の神経に刺激が伝わることにより起こります。
脳の血管を取り巻く三叉神経に何らかの刺激が加わると、そこから神経伝達物質が放出されます。神経伝達物質が放出されると、血管の拡張と血管周囲の炎症が起こり、その刺激が脳に伝わると、吐き気や嘔吐などを伴う「頭痛」が起こると考えられています。
血管が拡張すると、ますます周りの三叉神経が刺激され、刺激がさらに刺激を呼ぶといった悪循環に陥ってしまうことから、痛みが軽いうちに、早めに対処することが大切です。

イメージ画像 監修:温知会間中病院 院長 間中 信也 先生 イメージ画像 監修:温知会間中病院 院長 間中 信也 先生

監修:埼玉精神神経センター / 埼玉国際頭痛センター長 坂井 文彦 先生