片頭痛って?

 

監修:富士通クリニック 内科 頭痛外来 /
北里大学医学部 客員教授 五十嵐 久佳 先生

15歳以上の日本人を対象とした疫学調査では約4割が「頭痛持ち」といわれています1)。その中で多いのは「緊張型頭痛」(有病率22.4%:約2240万人)「片頭痛」(有病率8.4%:約840万人)です。有病率からいえば「緊張型頭痛」が一番多いのですが、「片頭痛」は寝込んだり、いつものように仕事ができなくなるなど、日常生活に支障が大きいため、悩んでいる人が一番多い頭痛と考えられます。片頭痛は男性よりも女性に多くみられ(約3.6倍)、30歳代の女性では5人に1人が片頭痛持ちといわれています1)

片頭痛は多くの場合、10~20歳代であらわれはじめ、その後、同じような頭痛が繰り返し起こる、いわゆる「頭痛持ち」に移行します。片頭痛の痛みは数時間から、長い場合は3日間続きます2)。片頭痛という名前のとおり、頭の片側のこめかみから目のあたりが脈打つように痛むことが多いのですが、頭の両側や後頭部が痛むこともあります。 動くと痛みが増し、頭痛の時には吐き気や嘔吐を伴い、また光と音を煩わしく感じるのが特徴です。

  • 1)Sakai, F. et al.:Cephalalgia 17(1):15, 1997
  • 2)日本頭痛学会・国際頭痛分類委員会 訳:国際頭痛分類 第3版 beta版 医学書院:2, 2014