セルフケア・生活改善 お役立ち情報

肥満は片頭痛を悪化させる!?

 

片頭痛と肥満は関係があると最近いわれています。どのように関係するのでしょうか。

肥満と片頭痛の関係

片頭痛になりやすい要因にはさまざまなものが知られていますが、肥満もそのひとつと考えられています。肥満はさまざまな生活習慣病の元になりますが、肥満の人は頭痛が慢性化しやすい、太っている人ほど頭痛発作が頻回に起きやすいということが報告されています。また、アメリカの研究では、肥満の子どもは頭痛になりやすく、頭痛を訴える未成年の若者にダイエットを勧めたところ、体重の減少とともに頭痛が軽減したという結果も示されています。もちろん成人でも片頭痛のある肥満の人には、頭痛改善のためにダイエットが勧められることがあります。

不明な点は多いものの、片頭痛と肥満の間には何らかの関係がありそうです。かといって過度なダイエットは血糖値低下によって片頭痛の誘因となり、お勧めできません。痩せ過ぎの人も片頭痛になりやすい可能性が示されており、どうやら急激な体重変化にも何らかの関係がありそうです。
日本人には海外ほど極端な肥満の人は少ないため、過度に気にする必要はありませんが、適正体重を維持することが片頭痛の悪化を防ぐために重要であることは事実のようです。片頭痛の予防のためにも、適正体重を維持するためにも、適度な運動と良質な睡眠、バランスの良い食事を心がけましょう。