片頭痛の治療と予防

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)って?

 

監修:富士通クリニック 五十嵐 久佳 先生

頭が痛いからといって毎日のように頭痛薬を飲んでいると、かえって症状をこじらせることになりかねません。
頭痛薬を月に10日以上飲んでいる場合には「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」に陥っている可能性があります。

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)とは

もともと片頭痛や緊張型頭痛などの頭痛持ちの人が、頭痛薬の飲み過ぎにより、かえって毎日頭痛が起こるようになった状態を「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」といいます。市販鎮痛薬の飲み過ぎによるものが多いですが、医師から処方された薬によっても起こります。

次のような症状が当てはまる人は、「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」の可能性があります。

  • 月に15日以上頭痛がある。
  • 頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
  • 朝起きたときから頭痛がする。
  • 以前はよく効いていた頭痛薬が効かなくなってきた。
  • 薬をいくら飲んでも頭痛が以前よりひどくなってきた。
  • 頭痛の程度、痛みの性質、痛む場所が変化することがある。
  • 以前は月に数回、片頭痛が起こっていた。

「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」の診断基準は、国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)の付録によって以下のように定義されています。

8.2 薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛、MOH)の診断基準
  1. A. 以前から頭痛疾患をもつ患者において、頭痛は1ヵ月に15日以上存在する
  2. B. 1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を3ヵ月を超えて定期的に乱用している
  3. C. ほかに適切なICHD-3の診断がない

日本頭痛学会・国際頭痛分類委員会 訳:国際頭痛分類 第3版 beta版 医学書院:106, 2014

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)はどうやって起こる?

ひどい頭痛を経験すると、頭痛発作への不安から鎮痛薬を予防的に服用するようになり、飲む回数や量が増えていきます。すると次第に、脳が痛みに敏感になり、頭痛の回数が増え、薬も効きにくくなってくるという悪循環に陥ってしまうのです。

イメージ画像 イメージ画像

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)の治療

まずは思い切って原因となっている薬を2ヵ月間中止します。
原因薬剤の中止後、その反動で激しい頭痛(離脱頭痛)や吐き気、嘔吐などが起こることがあるので、予防薬や原因薬剤以外の治療薬で対処します。最初の1~2週間はつらいですが、「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」であれば、毎日のように起こっていた頭痛が減り、もともとの頭痛の症状に戻るので、そこから片頭痛などのもともとの頭痛に応じた治療を行います。

薬剤の使用過多による頭痛

(薬物乱用頭痛)の治療の原則は主に次の3点です。

  1. 1. 原因薬剤の中止
  2. 2. 薬剤中止後に起こる頭痛への対応
  3. 3. 予防薬の投与

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)にならないために

「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」は一度なってしまうと比較的再発しやすいので、日頃から頭痛薬を飲み過ぎないことが重要です。
薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)にならないためにも、次のようなことを心がけましょう。

  • 頭痛薬の使用は服用回数を守りましょう。月に10日以内に。
  • 市販の鎮痛薬を予防的に飲むのは避けましょう。
  • 主成分が単一の鎮痛薬を選びましょう。
    *主成分が複数配合されているものやカフェイン(無水カフェインもしくはカフェイン水和物)が含まれているものには注意しましょう。
  • ほかに薬を飲んでいる場合は医師に伝えましょう。
  • 頭痛ダイアリー」をつける習慣をつけましょう。