片頭痛の治療と予防

 

片頭痛の治療は、薬物療法が中心となります。頭痛発作のときに服用する急性期治療薬(頓挫薬)と発作を起こりにくくする予防薬があり、それぞれ効果の高い薬が使われるようになってきました。
急性期治療薬として用いられる薬には、病院で処方されるトリプタン系薬剤やエルゴタミン製剤のほか、薬局で購入できる市販の鎮痛薬などがあります。また、頭痛の程度にかかわらず、吐き気がある場合には制吐剤の併用が有用です。予防については、薬だけでなく、日常生活で誘因を避けることも大切です。
また、頭痛治療薬を月に10日以上飲んでいる場合には、「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」と呼ばれる頭痛に陥っている可能性もあります。薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)に陥らないように、治療薬の違いを理解したうえで、効果的な薬剤を適切に使用していくことが大切です。