頭痛に関するソボクな疑問

患者数・予後

 

監修:寿会富永病院 副院長 / 神経内科部長・
頭痛センター長 竹島 多賀夫 先生

Q

頭痛患者は日本では少数派?

A

「1億3000万人のうちの3000万人」は多数派か少数派か、意見の分かれるところです。

北里大学で行った疫学調査によれば、日本人全体で「慢性の頭痛」を感じている人は約3000万人、そのうち片頭痛の患者さんは約840万人と推定されています。また一般に、片頭痛は男性よりも女性が多く、年齢層としては20代~40代に多く発症しているとみられ、30代の女性のうち5人に1人くらいが片頭痛患者ともいわれています。

Q

頭痛は一生治らない?

A

治る、治らないは、どちらともいえません。

片頭痛は、年齢とともに治っていく人、緊張型頭痛に移行しながら症状や頻度が軽減していく人、一生頭痛とお付き合いすることになる人といった3つのタイプに分類されると考えられています。頭痛という病気は、風邪をひくのと同じように、一生のうちで何度も起こります。片頭痛の場合、薬を飲まなくても発作が起きないようであれば、とりあえず治ったということになります。ただし、何年か経って再発するケースもあります。その場合は再び薬を飲み始めればよいでしょう。

Q

頭痛がひどくなって死に至るケースはある?

A

いいえ、慢性の頭痛(片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛)が原因で死ぬことはありません。

ただし、いつもの頭痛とは違う痛みが突然やってきたときは、くも膜下出血、脳出血など、痛みが日増しに強くなる場合には脳腫瘍などの危険な病気のおそれがありますので、専門医の検査を受けましょう。 また、症状が年々ひどくなって鎮痛薬を飲む量が増えている(月に10日以上)という人は、薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)(薬の飲み過ぎで起こる頭痛)のおそれがありますので、早めに病院へ行きましょう。