本文へジャンプ

群発頭痛って?

群発頭痛はある時期に集中して起こり、男性に多くみられます。目の奥がえぐられるような痛みが特徴で、アルコールがトリガーになります。

群発頭痛とは

群発頭痛は、緊張型頭痛や片頭痛と比べて患者数が少ないため、聞き慣れないかもしれません。
この名称は、群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。たとえば、春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、再び同じような頭痛に見舞われるのです。頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼んでいます。群発期以外の期間は、頭痛はすっかり治まってしまいます。
女性に多くみられる片頭痛に対し、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍にのぼるともいわれます。その理由ははっきりしていません。

群発頭痛の特徴

群発頭痛は、しばしば「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、耐えられないほどの痛みだといわれます。あまりの痛みにじっとしていることができず、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない、ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もあるようです。

■群発頭痛の主な症状

頻度 ●1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こる
痛む場所

●必ず頭の片側が痛む

●片側だけの目の奥や周囲にあらわれ、上あごのあたりや頭の片側へと拡がる

痛み方

●目の奥がえぐられるような激痛

●痛くてじっとしていられない

●耐え難い痛み

経過

●1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分から3時間続く

●毎日ほとんど同じ時刻に痛みだす(明け方に起こることが多く、強い痛みで目が覚めてしまう)

動くと痛みはどうなる ●動くと痛みが紛れる(痛みのあまり動き回らずにはいられない)
痛み以外の症状 ●目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある

群発頭痛の誘因

群発頭痛ではアルコールがトリガーになり、飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発作があらわれやすいといわれています。群発期には、飲酒するとほぼ百発百中で頭痛が起きるため、どんなにお酒好きの人もその期間はアルコールを避けるようです。
それ以外にもタバコや気圧の急激な変化なども誘因となるといわれています。

イメージ画像

群発頭痛が起こるしくみ

群発頭痛の発症のメカニズムについては、まだまだ明らかにされていない点が多いのですが、頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられています。群発頭痛の場合は、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むといわれています。
また、この血管を取り巻いて、涙腺のはたらきや瞳孔の大きさをコントロールしている自律神経が刺激されて、涙が出る、瞳孔が小さくなるといった症状を伴うこともあります。

群発頭痛の治療

群発頭痛の治療は、酸素吸入法と薬物療法による治療が中心になります。

純酸素吸入法

群発頭痛の激痛は、鎮痛薬を服用しても抑えられないことが多く、今のところ、もっとも効果的な対症療法は「純酸素吸入法」とされています。純酸素吸入法は、純度100%の酸素を医療用の大型酸素ボンベからフェイスマスクを通して毎分7リットルを15分吸入する治療法で、たいていは酸素を吸入して5分ほどで痛みは軽くなってきます。発作が起こったら、できるだけ早く行うと、より効果的です。この方法は8割の人に効果があるといわれています。
医療機関で申し込むと医療用酸素ボンベの取扱い会社から酸素ボンベやマスクの貸し出しを受けることができますので、希望者は主治医の先生に相談してください。

薬物療法

純酸素吸入法とあわせて、薬物療法も行われます。発作時(急性期)の治療薬としてはトリプタン系薬剤のひとつであるスマトリプタン皮下注射が勧められます(保険適用あり)。また、スマトリプタン点鼻液や他のトリプタン系薬剤の内服薬による有効性も報告されています(保険適用外)。

群発頭痛の予防

薬物療法

群発頭痛では通常、痛みの起こる時刻がほぼ一定していて、とくに明け方が多いようです。このようなケースでは、発作期間中、就寝前にエルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤を飲むことで睡眠中の頭痛を予防できる場合があります。
そのほかカルシウム拮抗薬や副腎皮質ステロイドなどが医師の判断で使用されることもあります。

日常生活

日常生活のなかで、頭痛を誘発する要因をできるだけ取り除くことを心がけましょう。
群発頭痛は、飲酒やタバコなどが誘因になるといわれています。群発期間は禁酒を守り、喫煙も控えてください。群発期間を過ぎればお酒を飲んでも頭痛は起こりませんので、お酒を楽しみたい人は、群発期間以外のときにしましょう。また、気圧の急激な変化は血管を拡張させたり、神経を刺激して頭痛を引き起こすことがあります。登山や飛行機に乗る場合は、医師に相談しましょう。

ここから下部共通部分です