本文へジャンプ

片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛のちがい

片頭痛をはじめとする慢性頭痛には、ほかに「緊張型頭痛」「群発頭痛」などがあります。
それぞれ対処法も異なるため、自分がどのタイプの頭痛を持っているか、きちんと知ることが大切です。

比べてみよう 片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛

当てはまる項目がもっとも多いのがあなたの頭痛のタイプです。ただし、片頭痛と緊張型頭痛の両方をあわせもっている人も多く、対処・治療の際に、今起きているのがどちらの頭痛かを見分けることが重要になります。

片頭痛 片頭痛+緊張型頭痛
(両方をあわせもつ)
緊張型頭痛 群発頭痛
イメージ画像 片頭痛 イメージ画像 片頭痛+緊張型頭痛 イメージ画像 緊張型頭痛 イメージ画像 群発頭痛
イメージ図 片頭痛 イメージ図 片頭痛+緊張型頭痛 イメージ図 緊張型頭痛 イメージ図 群発頭痛
ときどき起こる。
(間欠的)
頭痛が混在する。 持続する。 群発的に起こる。
週2回~月1回程度起こる。

片頭痛と緊張型頭痛の両方の特徴をあわせもつ。

片頭痛と緊張型頭痛が混在し、その時々でどちらか一方の発作が起こる。

反復性緊張型頭痛は1ヵ月に15日未満、慢性緊張型頭痛は毎日のように起こる。 1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こる。
痛みは4時間から72時間続く。 痛みは30分から7日間続く。 痛みは15分から3時間続く。
頭の片側に起こることが多い。 頭の両側か頭全体、後頭部が痛む。 必ず頭の片側が痛む。
ズッキンズッキンという脈を打つような強い痛み。 頭の両側をギューッと締めつけられるような痛み、重苦しい鈍痛。 目の奥がえぐられるような激痛。
吐き気、嘔吐(おうと)、光や音が気になる、という症状を伴うことがある。

吐き気はあっても実際に吐くことはない。

肩こりやふわふわしためまいを伴うことがある。

目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある。
頭痛の前兆として、ギザギザした光が見えたり、視野の半分が見えにくくなることがある。    
動くと痛みが悪化する。 気分転換に体を動かすと少し楽になる。

痛くてじっとしていられない。

動くと痛みが紛れる。

時々寝込むほどに痛むことがある。 仕事ができないほどの痛みではない。仕事はなんとかできる。 耐え難い痛み。

監修:埼玉国際頭痛センター長 坂井 文彦 先生

大切なこと

イメージ画像

「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」などの慢性頭痛は「一次性頭痛」といわれ、ほかに原因となる病気がなく、頭痛自体が治療対象となります。一方、脳出血や脳腫瘍など、何らかの病気の症状として起こる頭痛を「二次性頭痛」といい、二次性頭痛は命にかかわるような疾患が原因の場合がありますので、いつもと違う頭痛を自覚したときは、すぐに病院を受診してください。

詳しくは「いつもと違う頭痛に要注意(危険な頭痛)」へ

ここから下部共通部分です