片頭痛って?

片頭痛の特徴・分類

 

片頭痛はどのように痛むのか、特徴的な症状にはどんなものがあるか、具体的にみてみましょう。

片頭痛の特徴

片頭痛は、片側あるいは両方のこめかみから目のあたりにかけて、脈を打つように「ズキンズキン」と痛むのが特徴です。ひとたび痛み出したら、4~72時間続きます。

片頭痛の主な症状

痛み方
  • ときどき起こる(間欠的)
  • 「ズキンズキン」あるいは「ガンガン」と脈打つような痛みが4~72時間続く
痛む場所
  • 頭の片側に起こることが多いが、両側のこともある
頻度
  • 頭痛の起こる回数は、月に1~2回程度から、多いときには週に1~2回
経過
  • 痛みは1~2時間でピークに達し、吐き気や嘔吐(おうと)を伴うことも多い
仕事や家事
  • (あまりの痛みに)動くこともできず、仕事や勉強、家事などが手につかなくなったり、能率が下がる。ひどいときには寝込んでしまうこともある
動くとどうなる
  • 動くと痛みが悪化する/動くよりじっとしている方が楽
  • 痛みの発作が起きている間は、姿勢を変えたり、頭をちょっと傾けたりするだけでも痛みが強くなる
痛み以外の症状
(随伴症状)
  • 頭痛に伴って吐き気がしたり、胃がムカムカすることがある
  • 頭痛に伴ってふだんは気にならない程度の光がまぶしく感じることがある
  • 頭痛に伴ってふだんは気にならない程度の音がうるさく感じることがある
  • 頭痛に伴ってにおいが嫌だと感じることがある
前兆
  • 頭痛が起こる前兆として、目の前にチカチカとしたフラッシュのような光やギザギザした光があらわれたり、視野の一部が見えにくくなる閃輝暗点(せんきあんてん)が出ることもある

頭痛の前兆

片頭痛は、「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」の2タイプに分けられ、前兆のある人は20~30%といわれています。
前兆のある片頭痛では、頭痛が起こる前に、いくつかの前兆がみられます。目の前にチカチカと光るフラッシュのようなものがあらわれ、視野の片側、または中心部が見えにくくなる閃輝暗点(せんきあんてん)を生じることが多いのですが、感覚が鈍くなる感覚異常、言葉が話しにくくなる失語性言語障害がみられる場合もあります。
このような前兆の多くは15~30分で消失し、続いて頭痛が始まります。

閃輝暗点(せんきあんてん)とは?

視野の中にチカチカ光る小さな点があらわれ、それが次第に大きくなっていきます。場合によっては視野の片側がまったく見えなくなったり、中心部がぼやけて見えにくくなったりします。光はギザギザしたガラス、オーロラや万華鏡の模様のような場合もあります。

イメージ画像 イメージ画像

大切なこと

片頭痛は、いったん治まると痛みはウソのように消えてしまい、ふだんは何の症状もありません。そのため、痛み出したときだけ市販の鎮痛薬を飲んで、我慢してしまう人も少なくありません。市販薬でうまくコントロールできていれば問題ありませんが、(1)痛みが頻回、(2)市販薬が効かない、(3)毎日のように鎮痛薬を服用している、(4)寝込んでしまうなど、日常生活に支障がある場合は、自己対処がかえって頭痛をこじらせてしまうこともあります。自己判断で対処せず、早めに医師に相談するようにしましょう。

このページの先頭へ

片頭痛の分類

頭痛の国際的な診断基準である国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)では、片頭痛は「前兆」の有無により、「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」に大別されています。

前兆のない片頭痛

1.1 前兆のない片頭痛の診断基準
  1. A. B~D を満たす発作が5回以上ある
  2. B. 頭痛発作の持続時間は4~72 時間(未治療もしくは治療が無効の場合)
  3. C. 頭痛は以下の4つの特徴の少なくとも2項目を満たす
    1. 1. 片側性
    2. 2. 拍動性
    3. 3. 中等度~重度の頭痛
    4. 4. 日常的な動作(歩行や階段昇降など)により頭痛が増悪する、あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける
  4. D. 頭痛発作中に少なくとも以下の1項目を満たす
    1. 1. 悪心または嘔吐(あるいはその両方)
    2. 2. 光過敏および音過敏
  5. E. ほかに最適なICHD-3の診断がない

前兆のある片頭痛

1.2 前兆のある片頭痛の診断基準
  1. A. BおよびCを満たす発作が2回以上ある
  2. B. 以下の完全可逆性前兆症状が1つ以上ある
    1. 1. 視覚症状
    2. 2. 感覚症状
    3. 3. 言語症状
    4. 4. 運動症状
    5. 5. 脳幹症状
    6. 6. 網膜症状
  3. C. 以下の4つの特徴の少なくとも2項目を満たす
    1. 1. 少なくとも1つの前兆症状は5分以上かけて徐々に進展するか、または2つ以上の前兆が引き続き生じる(あるいはその両方)
    2. 2. それぞれの前兆症状は5~60分持続する
    3. 3. 少なくとも1つの前兆症状は片側性である
    4. 4. 前兆に伴って、あるいは前兆発現後60分以内に頭痛が発現する
  4. D. ほかに最適なICHD-3の診断がない、また、一過性脳虚血発作が除外されている

日本頭痛学会・国際頭痛分類委員会 訳:国際頭痛分類 第3版 beta版 医学書院:2, 2014